ヘルペスで熱が下がらない大人へ!高熱が出る期間と対処方法

ヘルペスで熱が下がらない大人の方へ!本記事ではなぜヘルペスで熱が出るのか、発熱はどれくらい続くのか、高熱は何度くらいか、ヘルペスウイルスが死滅する温度や条件とは、ヘルペスに伴う微熱(高熱)への効果的な対象方法、再発予防のポイントまで解説しますので、最後までご一読ください。

簡単オンライン診療でお薬を配送!
ヘルペスの薬処方はLINE登録より

(期間限定!初回1000円OFF実施中!)

目次

ヘルペスで熱が下がらない?熱との関係性

ヘルペスで熱が出るのはなぜ?何度くらい出るの?

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス(HSV)というウイルスによって引き起こされる感染症です。HSVは、皮膚や粘膜の細胞に感染し、神経節に潜伏します。ヘルペスで熱が出るのは、免疫力が低下することで、ウイルスが活性化し、全身に炎症が起こるからです。

ヘルペス感染症での発熱は、37〜39度台まで出る場合もあります。口唇ヘルペスでも、大人が発熱することがあります。

初感染時は、ウイルスが活性化して全身に広がり、発熱、倦怠感、頭痛などの症状が現れることがあります。また、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの皮膚症状が出ることもあります。

ヘルペスで熱が出るのは、再発時にウイルスが活性化して、全身に炎症が起こるためです。炎症によって体温調節機能が乱れ、発熱が起こります。ヘルペスは、免疫力が低下すると再発しやすくなります。そのため、発熱や倦怠感などの症状がある場合は、ヘルペスの再発を疑い、早めに医療機関を受診することが大切です。

ヘルペスの発熱は何日続く?高熱がでる期間は?

ヘルペスの発熱期間は、初発時は3~5日再発時は1~2日程度です。初発時は、ウイルスに初めて感染するため、免疫が働かず、強い症状が出やすい傾向があります。そのため、高熱や頭痛、倦怠感などの全身症状が現れることがあります。

再発時は、一度感染したウイルスが体内に潜伏し、何らかの刺激によって再活性化されることで発症します。再発時の症状は初発時よりも軽い傾向がありますが、それでも高熱や不快感を伴うことがあります。

ヘルペスの発熱は、体内のウイルスが増殖することによって起こります。抗ウイルス薬を服用することで、発熱を早く抑えることができます。

ヘルペスで熱が下がらない!大人・子供の違いは?

ヘルペスで数日熱が下がらないことがあります!ヘルペスの症状は、初感染時と再発時で異なります。初感染時は、発熱や全身のだるさ、頭痛などの全身症状を伴うことが多く、口や唇、顔などに水ぶくれやただれが現れます。再発時は、水ぶくれやただれが口や唇、顔などに現れるだけで、全身症状を伴わないことが多いです。

しかし、再発時に発熱や全身のだるさなどの全身症状を伴うこともあります。これは、体調不良やストレスなどで免疫力が低下したことが原因です。

ヘルペスの熱は、通常は数日で下がります。しかし、体調不良やストレスなどで免疫力が低下している場合は、熱が下がるのに時間がかかることがあります。市販の鎮痛解熱薬や、医師から処方された薬を服用して熱に対処して行きましょう。

大人の場合

大人になってからヘルペスウイルスに感染すると、初感染の際には発熱や全身の倦怠感などの症状が現れることがあります。これは、大人になると免疫力が低下するため、ウイルスに対する抵抗力が弱いためです。

子供の場合

子供は大人よりも免疫力が高く、ヘルペスウイルスに対する抵抗力も強いため、初感染の際にはほとんど症状が出ないことがあります。ただし、乳幼児期に感染すると、発熱や全身の倦怠感などの症状が現れることもあります。

クリニック編集長

子供の場合は、ほとんど症状が出ないことが多いですが、乳幼児期に感染すると発熱や全身の倦怠感などの症状が現れることがあります。

ヘルペスと熱との関係性!死滅温度とは?

ヘルペスウイルスは熱に弱い?

ヘルペスウイルスは、比較的熱に弱いです。熱湯(80℃以上)、紫外線、乾燥などの環境に弱い性質があります。そのため、ヘルペスウイルスに感染した衣類やタオルは、洗濯前に一度煮沸することで、ウイルスを不活化することができます。また、日光に当てて乾燥させることも効果的です。

ただし、ヘルペスウイルスは、一度感染すると神経節に潜伏してしまうため、完全には消滅しません。そのため、体調不良やストレスなどによって免疫力が低下すると、再発する可能性があります。具体的には、以下の条件でヘルペスウイルスは弱くなります。

ヘルペスウイルスは、感染した人の唾液や体液に含まれており、接触感染や飛沫感染によって他人にうつる可能性があります。そのため、口唇ヘルペスなどの症状がある場合は、他人との接触を避けるようにしましょう。

ヘルペスウイルスを滅菌するにはどうすればいい?

ヘルペスウイルスを滅菌する方法
・消毒用エタノール
・洗濯、乾燥
・熱水消毒(80℃10分)
・2%グルタラール

ヘルペスウイルスはエンベロープを持つウイルスで、消毒用エタノールはエンベロープを破壊してウイルスを消毒します。また、洗濯や乾燥によってもヘルペスウイルスを除去できます。

ヘルペスで熱が出ている場合の対処方法

ヘルペスで微熱(倦怠感・頭痛・だるさ)が続く場合の対処方法

ヘルペスに伴う倦怠感や、だるさは発症初期に現れることが多いです。また、再発を繰り返すほど、倦怠感などの全身症状が重くなる傾向があります。ヘルペスの発症時に微熱が続く場合、以下のような対処法を心掛けましょう。

対応
抗ヘルペスウイルス薬の服用

抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビル)を服用しましょう。抗ヘルペスウイルス薬は、ヘルペスウイルスの増殖を抑制する効果があります。早期に服用することで、発疹の発生や症状の悪化を抑えることができます。

対応
十分な休息と栄養の摂取

体力が低下すると、ヘルペスの再発や症状の悪化を招きやすくなります。十分な休息と栄養の摂取で、体調を整えることが大切です。

適切な睡眠のためのポイント
・毎日7〜8時間の睡眠を心がける
・寝る前にカフェインやアルコールを控える
・就寝前のスマホやパソコンの使用を控える
・規則正しい生活を送る
・適度な運動をする
・バランスの良い食事を摂る

対応
水分補給

発疹がひどくなると、水分が失われやすくなるため、こまめな水分補給が必要です。目安としては1日に1L〜2Lの摂取を意識してみましょう。

対応
口唇の清潔を保つ

口唇を清潔に保つことで、ウイルスの増殖を抑えることができます。石鹸で手をよく洗ってから、口唇を触ることや、口唇を清潔なガーゼで拭くなど行いましょう。

対応
他人への感染防止

口唇ヘルペスは、水ぶくれやかさぶたに触れた手で、他の人の口唇や眼に触れることで感染する可能性があります。他人への感染防止のためにも、水ぶくれやかさぶたには触れないようにしましょう。

ヘルペスは、接触感染によって広がる可能性があります。発疹や水疱がある場合は、他の人にうつさないように注意しましょう。

また、ヘルペスは一度発症すると、体内に潜伏感染し、再発する可能性があります。再発を防ぐために、十分な睡眠と栄養の摂取、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。

ヘルペスを早く治す方法は?早く治す食べ物(栄養素)は?

ヘルペスの再発を抑えるためには、以下の栄養素を多く含む食べ物を積極的に摂取することが大切です。

栄養素1:リジン

リジンは、ヘルペスウイルスの増殖を抑える働きがあるとされています。リジンを多く含む食品には、豆腐、納豆、カツオ、鮭、鶏肉、豚肉、牛肉、そば、ヨーグルトなどがあります。

栄養素2:ビタミンC

ビタミンCは、免疫力を高める働きがあるとされています。ビタミンCを多く含む食品には、レモン、オレンジ、キウイ、ブロッコリー、キャベツ、ピーマンなどがあります。

栄養素3:亜鉛

亜鉛は、免疫機能を正常に保つ働きがあるとされています。亜鉛を多く含む食品には、牡蠣、赤身魚、大豆製品、きのこ類などがあります。

尚「アルギニン」は、ヘルペスウイルスの増殖を促進する働きがあるとされています。アルギニンを多く含む食品には、ナッツ類、種実類、チョコレートなどがあります。そのためアルギニンの過度な摂取は控えるように注意したいところです。

クリニック編集長

ヘルペスは、再発しやすい病気です。再発を防ぐためには、十分な休息と栄養の摂取、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。

ヘルペスで熱が下がらない大人に関連する質問(Q&A)

ヘルペスになったら何科?内科に行っても大丈夫?

ヘルペスには、口唇ヘルペスと性器ヘルペスの2種類があります。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは、口の周りや鼻の周りに水ぶくれや発疹が出る病気です。単純ヘルペスウイルスの感染によって起こります。

口唇ヘルペスの受診科目は、皮膚科が一般的です。皮膚科では、症状を確認し、単純ヘルペスウイルスの感染かどうかを診断します。また、抗ウイルス薬の処方を受けることもできます。ただし、再診の場合は内科でも受診してくれるクリニックもあります。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは、性行為によって感染する病気です。単純ヘルペスウイルスの感染によって起こります。性器ヘルペスの受診科目は、泌尿器科または婦人科が一般的です。

泌尿器科は男性、婦人科は女性の性器ヘルペスの診療を専門としています。お尻などに症状が出ている場合は皮膚科、性器に出ている場合は性病科でも診断してもらえます。

ヘルペスは、早期に適切な治療を受けることで、症状を軽減したり、再発を予防したりすることができます。気になる症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

ヘルペスの痛みのピークはいつですか?

ヘルペスの痛みのピークは、皮膚症状が現れてから7~10日頃です。帯状疱疹や口唇ヘルペスなどのヘルペスは、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症です。このウイルスは、一度感染すると体内に潜伏し、免疫力が低下したときに再活性化して発症します。

ヘルペスの痛みは、ウイルスが神経節で増殖することで、知覚神経から皮膚の細胞にまで炎症が拡大することで起こります。痛みのピークは、皮膚症状が現れてから7~10日頃で、その後は徐々に軽減していきます。なお、痛みが長引く場合や、痛みが非常に強い場合は、病院を受診して適切な治療を受けることが大切です。

簡単オンライン診療でお薬を配送!
ヘルペスの薬処方はLINE登録より

(期間限定!初回1000円OFF実施中!)

記事のまとめ:ヘルペスで熱が下がらない大人の方へ!

本記事ではヘルペスで熱が出る原因、熱が続く期間、下がらない場合の対処方法をお伝えしました。熱が出る理由や対処方法を事前に理解して置けると、落ち着いて対処ができるものです。

高熱が出る場合もあることを理解して、身体がウイルスと闘ってくれていることを、受け止めましょう。十分に身体の休息を考えながら、ヘルペスに対処して行きましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次