【現役皮膚科医が回答】ワセリンとプロペトの違いってなに?

目次

ワセリンとプロペトの違いってなに?

結論、精製度の違いです。ワセリンは、色々な軟膏の基剤として用いられており、高い保湿性と刺激性の低さから皮膚科で重宝されています。皮膚科でよく処方されるステロイド軟膏も基本的にワセリンをベースとしてステロイドが混ぜられているものなんです。

刺激性は低いですが、ワセリンには若干の過酸化物等の不純物が含まれており、それらの不純物を精製したのがプロペトです。

使用感としては、プロペトの方が柔らかいです。塗り心地で塗りやすい方を選んで頂いて大丈夫です。ちなみにプロペトは抗酸化物も精製されてしまっているので、必ず遮光して保存してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次