【現役皮膚科医が回答】口唇ヘルペスはなぜ一生治らないの?

目次

口唇ヘルペスは、なぜ一生治らないの?

結論、ヘルペスウイルスが神経に住みついてしまい、追い出せないためです。単純ヘルペスウイルスは接触感染が主な感染経路です。HSV-1は水疱やびらんがある部位や、唾液との接触、飛沫感染が挙げられます。またはウイルスに汚染された手指や器具から感染します。

感染した後は、神経に潜んでいて、疲労、風邪、生理などで体に負担がかかった時に、神経に住み着いているウイルスが増殖してきて、唇に痛い水膨れができてしまいます。

ウイルスの増殖を抑える薬剤、例えばバラシクロビルという内服薬では1日2錠を5日間内服することで、早期に治すことができるのですが、神経から追い出すことが現在の医療では残念ながらできません。

口唇ヘルペスをできるだけ再発させないために、体が疲れている時や生理の時は無理をせずに体を休めましょう。発症してしまった時は、早めに内服薬を飲みましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次